少年H 映画を見ました

月別アーカイブ

少年H 映画を見ました

先日、映画 「少年H」を見に行きました。

実は、少年Hの作者、妹尾河童さん、私の高校の大先輩!

ということで、10年以上前に本が発行されたとき、ハードカバーの本を買い求め、既に読んでいたのでした.

神戸の兵庫高校(現)なのですが、当時の舞台は戦前なので旧制神戸第二中学というらしいです。

戦前の神戸の鷹取(たかとり)という地域で育った少年の話しですが、映画に出てくる土地の名前や、学校の映像にすこぶる感涙。。。

学校の正門では、戦争時代ですので迷彩色に塗装されていましたが、実際の当時の学校をCGかなにかで再現したらしく、まさに私が高校生当時に通っていた学校が映像になっていました!

ストーリーは戦争をはさんだ激動の日本を少年Hの目を通して神戸の長田あたりを舞台にして成長していく様です。

戦争中の理不尽さや恐怖に、知った土地などの名前が聞こえてくるので 感極まり途中から涙が止まらず、映画館を出たときには 目が若干はれて頭はぼんやりしてました(笑)

神戸は空襲にもあい、阪神大震災にも見舞われ、大変な苦労をしてきたところだと、それでもがんばって復興してきたんだと、改めて考えさせられるとてもいい映画だったと思いました。

まだ見ていない人にはぜひ見に行ってもらいたいですね!

by R.K

 

 

tel.0798-47-0301

お問い合わせ

STAFF BLOG
CONTACT